MEMU EARTH HOTEL (めむ あーす ほてる)

北海道広尾郡大樹町 芽武。アイヌ語で「泉の湧き出るところ」という意味を持つこの場所に、かつて中央競馬界に数々の名馬を送り出したサラブレッドの生産牧場「大樹ファーム」のトレーニングセンターがありました。やがて、牧場の移転に伴い残された約5万6,000坪の面積を誇る広大な大地は、2011年に寒冷地実験住宅施設「メムメドウズ」へとその姿を変え、いつしか隈研吾氏や伊東豊雄氏など日本を代表する建築家の実験住宅や「国際大学建築コンペ」の最優秀作品が点在する、世界的にも稀有な「建築の聖地」となりました。2018年11月。施設内の実験住宅や牧場の記憶を継承するリノベーション建築をホテルへとコンバージョンするかたちで、私たち「メムアースホテル」は誕生しました。このホテルは、お客さまに先進的な建築と十勝の無垢なる自然を楽しんでいただくホテルとしての「サービス」の提供と、“資源再読”をテーマにSDGsに向けた研究を展開している研究者と協働し、その社会実装のプロセスを国内外に向けて情報発信していきます。おそらく、これは世界的にも類を見ないホテルと研究者との新しい共創です。私たち「メムアースホテル」は地域社会に貢献するとともに、お客さまに自然と人の共生について考えるきっかけや本質的な豊かさを考えるヒントを提供しながら、これからの社会と日常に求められる、持続可能なアイデアを発信するメディアとしての役割を担っていきたいと考えています。

住所
〒0892113 北海道広尾郡大樹町芽武158-1
交通
名1室の宿泊プラン空室・料金カレンダー
  • 表示順
  • おすすめ順
  • 価格の安い順
  • 価格の高い順
※料金、空き室、プラン内容、宿のデータ等は必ず予約サイトでご確認ください
プラン名 部屋タイプ 食事条件 1泊1名
あたり料金
この宿を予約できるサイト
powered by旅くら